中国大連で日本語を教えています。日本語を教えながら感じたこと、気づいたことなどを記します。


by nihongobaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

応用が利かない動詞

普段使っている言葉の中には本来の意味を意識せずに使っているものがある。

1.「風邪をひく」
この「ひく」はどういう意味だろうか。
辞書(エキサイト大辞林)を見てみると、「自分の体の中に入れる」こととある。
つまりは「風邪」というものを体の中に入れることらしいが、この「ひく」という動詞はほかの病気には使えない。ほかの病気の場合は「かかる」を使う。
「風邪にかかる」と言うこともできるのだから、「肺炎をひく」「エイズをひく」などと言えてもよさそうなものだが、できない。
「体の中に入れる」という意味なら、他のものを入れる意味にも使えそうだが、「ごはんをひく」「薬をひく」などとも言わない。
つまり、この意味での「ひく」は「風邪」にしか使えない。

2.「傘をさす」
この「さす」は何だろう?
同辞書によると、「頭をおおうように傘を持つ」ことだそうだ。ということは、この「さす」という動詞はもともと傘のために存在しているのか。「さす」には非常に多くの意味があるのだが、もう少し見てみると、「両手で物を高く上にあげる」とある。どうやら、「さす」にはもともとこういう意味があり、そこから、傘に用いられるようになったようだ。
この意味の「さす」も「傘」以外の名詞には使えない。

上記にあげたものはひとつの動詞に対してひとつの名詞しか対応していない例だが、こういう例はほかにもきっとあるだろう。こういう動詞は日本語を教える側にとっても習う側にとってもやっかいだ。せっかく、「ひく」「さす」という動詞を覚えても、それぞれ、「風邪をひく」「傘をさす」しか言えない。本来なら、ひとつの動詞を覚えたら、名詞を入れ替えて色々な表現ができるはずである。なんとも「無駄」というか「ぜいたく」というか、不思議な動詞である。
[PR]
by nihongobaka | 2006-11-29 18:23 | ことば