中国大連で日本語を教えています。日本語を教えながら感じたこと、気づいたことなどを記します。


by nihongobaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2007年度春季コース開始

昨日から春季コースが始まった。秋のコースは人数が多く2クラスあったのだが、春は大幅に減り、新しい学生が6人、前回ビザが取れずに居残っている学生が3人で9人になった。また、1クラスに逆戻りだ。

昨日と今日でひらがなとかたかな、そして特殊拍を教えたが、すでに「速い」と文句を言う学生がいる。「かな」の読み書きだけで、2日間、8時間を費やしている。「多すぎて覚えられない」と言うが、それなら、覚えられるまで何度でも練習すればいいのだ。実際、大半の学生は導入の翌日にはほとんど読めるようになっている。

400時間で「みんなの日本語1・2」(全50課)を終えるというスケジュールは結構きつい。単純に50で割ると、1課あたり8時間だが、「かな」だけですでに8時間も使ってしまった。ほかにテストなど、教科書以外に取られる時間があり、実際のスケジュールはもっとタイトになる。つまり、彼らは毎日、膨大な量の単語や文型を覚えなければならない。その日に習ったことはその日のうちに覚えてしまわなければ、どんどん取り残されていってしまう。

彼らには毎日宿題を出しているが、宿題しかしない学生がいる。宿題はその日にやったことのまとめのようなもので、「覚える」という作業はそれとは別に、自分自信で必死にやらなければ、できるはずがない。「かな」ごときで音をあげているような学生は、おそらく日本語の習得は無理だろう。
[PR]
by nihongobaka | 2007-03-20 18:26 | 学生たち