中国大連で日本語を教えています。日本語を教えながら感じたこと、気づいたことなどを記します。


by nihongobaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:(いちおう)ことば( 2 )

100円に両替します

c0079751_23103895.jpg
国慶節の休みに一時帰国していました。その際、スーパーの片隅にあるゲームコーナーの両替機で見つけたのが、写真の表示です。100円玉を入れると、別の100円玉が出てくるのでしょうか?

ちなみに両替とは「ある種の貨幣他の種の貨幣と交換すること」(広辞苑)だそうです。

もし平成5年の100円玉を入れて、平成10年の100円玉が出てきたとしても、「両替」とは呼ばないわけですね。
[PR]
by nihongobaka | 2006-10-11 23:10 | (いちおう)ことば

冥王星は惑星じゃない

Excite エキサイト : 社会ニュース
ネットのニュースで読みましたが、冥王星が惑星ではなくなったそうです。

今回、今まで曖昧だった「惑星」の定義がはっきり決まったそうで、それは、

(1)太陽を周回する
(2)自らの重力で球状となる
(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体

だそうです。

その結果、冥王星が惑星から外れたということだそうですが、とすると、理科の教科書だけではなく、辞書の説明も変える必要があるということでしょうか。手元の広辞苑では、

惑星:恒星の周囲を公転する星。太陽系では、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星などの総称。遊星。迷星。

となっています(ちなみに遊星と迷星について調べてみると、どちらも惑星のことだそうです)。やはり、辞書の表記も少し変える必要があるようです。

さらにおもしろいと思ったのは、ディズニーキャラクターのプルートはアメリカで冥王星が発見された年(1930年)に発表されたので、冥王星(英語でPluto)にちなんで名付けられたということ。なぜこの星がPluto(ローマ神話の冥界の神)と名付けられたのかは知りませんが、それを犬の名前にしてしまうとは・・・

それにしても、子供のころから慣れ親しんできた「水金地火木土天海冥」が変わってしまうとは驚きです。科学の進歩とはそういうもので、新しい発見があれば、今までの常識が覆される可能性もあるわけです。話は少しずれますが、恐竜のT-rexもわたしの子供のころの図鑑にはゴジラのように立った姿で描かれていましたが、今では頭を前に突き出した形で描かれていますね。

学校で勉強しなくなっても常に新しい知識を蓄えておかないと、自分の子供が知っていることと違うということになるかもしれませんね。
[PR]
by nihongobaka | 2006-08-26 00:02 | (いちおう)ことば